スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア中部地震チャリティー・コンサート

Taco-taco singers も出演、歌います。
メンバーの中から何人かはソロなど
Taco-taco以外の曲にも参加します。

aquila.jpg

イタリア中部地震チャリティー・コンサート実行委員会
が今回のコンサートの主催ですが、
笠原雅仁さんが発起人のお一人で、
今泉仁志ももう一人の発起人、呼びかけ人です。

下記、テキストベースでのご紹介です。
コピーペースト、一向に差し支えありませんので、
案内、紹介にご協力頂ければ幸いです。

JPG、PDFも同様にご活用下さい。

どうか、よろしくお願い申し上げます。


--------------------------------------------------------------
バロック音楽の発祥の地イタリア。
イタリアの歴史と文化と共に今を暮らす町アクイラ。
そのアクイラの町と人達を襲った災害。
イタリアでの活動経験を持つ音楽家と、
阪神大震災を体験した音楽家が急遽、
チャリティーコンサートを企画しました。
自分たちを音楽家として育んでくれた
イタリアの古今の人々とその文化へ、
感謝と祈りを込めて。。
--------------------------------------------------------------
=緊急企画!=

イタリア中部地震被災者支援の為のチャリティー・コンサート
「よみがえるイタリアンバロックの響き」
―400年の時を超えてー

コンサートの収益金はCODEの活動を通して
被災者支援に充てられます
--------------------------------------------------------------
2009年6月12日(金)19時開演(18時半開場)
西宮市・甲東ホール
【阪急線:甲東園駅下車、アプリ甲東へ直結】
入場料:3000円(前売り、当日共)
--------------------------------------------------------------
プログラム
カンツォン/T.メルラ
カナリオス/G.カプスベルガー
お前は何と美しく輝かしい/O. di ラッソ
甘く美しい銀色の白鳥/J.アルカデルト
その他、
モンテヴェルディ、
パレストリーナ、
ガブリエリ等を予定
--------------------------------------------------------------
緋田芳江(ソプラノ)
進元一美(ソプラノ)
伊藤由美(ソプラノ)
白石愛子(アルト)
岡本雄一(テノール)
今泉仁志(バス)
緋田吉也(バス/リュート)
織田貴浩(テノール・サックバット)
松田洋介(バス・サックバット)
頼田麗(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
高本一郎(リュート)
吉竹百合子(チェンバロ)
安宅留美子(歌、リコーダー)
上野訓子(コルネット、ミュート・コルネット)
笠原雅仁(歌、コルネット、リュート)
--------------------------------------------------------------
主催:イタリア中部地震チャリティー・コンサート実行委員会

後援/協力:CODE海外災害救助市民センター
652-0801神戸市兵庫区中道通2-1-10
--------------------------------------------------------------
ご予約/お問い合わせ
"Office principi-venetiani" 075-493-5262(Tel&Fax)
principi-venetiani@hotmail.co.jp 笠原
"Cantoima" 078-851-7627(Tel&Fax)
cantoima@mac.com 今泉
--------------------------------------------------------------
チラシのPDFはこちらから


スポンサーサイト

さくらまつり 写真

先日の4月5日の芦屋桜まつりの写真が送られて来ました。

テノールメンバー岡本の知り合いの方の撮影です。

添えられた一文と共に、、、

「素晴らしい桜日和、朝の教会での御ミサから、教会&学校の先輩=知的な奥様がたとランチを
そして、一旦用事で大阪へ行き、芦屋に戻って”今年はまだ行っていなかった”桜まつりをと
芦屋河畔を歩き始めた途端、美しいアンサンブルが聞こえ足をとめると、偶然のご褒美に!
満開の花の中、アンサンブルの歌を聞かせていただけました。」
CIMG3321_convert_20090408231935.jpg


さくら、桜

4月5日(日)、、
芦屋さくらまつりで歌いました。。
と、いってもメインステージでは無く、
サクルエブの屋台の前で、です。

言ってみれば「ストリート」、ほぼバスキング。。
目的は今度の5月15日(金)のコンサートの宣伝です。

メインステージが近く、
4時からのメインステージが始まると、
カントリーのバンドの音でかき消されてしまいます。

が、コヌックさんの呼び込みのお陰もあって
立ち止まって聴いてくれる人もありました。

我々が歌っている写真は残念ながら無し!
写真は高砂から芦屋までトルコの太鼓を習いに来ている、
という人柄溢れる方がお店を手伝いながら、
子供と太鼓遊びに興じているところです。

CA390220.jpg


Taco-tacoの歌も太鼓が入ると
俄然お客さんの反応が違います。
笛と太鼓はお祭りには欠かせないんでしょうね。。

初めは恥ずかしかったバスキングですが、
慣れてくればどんどんと楽しくなりました。。

この前日、明石のお寺で夜桜見学会があり、
明石市立天文科学館の井上毅さんから、
Taco-tacoもお誘いを受けていたのですが、
残念ながら出席叶いませんでした、、(涙)

来年は是非!!

「サクルエブ」ライヴ トルコ料理とアカペラ

阪急芦屋川トルコ料理店「サクルエブ」
でディナー又はランチ付きのコンサートを行います。

Taco-taco.jpg

昼と夜の二回公演です。
お代は昼夜それぞれ5000円。
ケバブ、サラダ、ピラフ、前菜、スープと1ドリンクが付きます。

プログラムはこれまで明石の天文科学館や
あさぎり病院関連のコンサートで取り上げて来た曲と、
今回、新たに加わるレパートリーで演奏します。

各公演共、会場のキャパから行けば、約30名程度の定員です。
チラシに記載されている連絡先まで、お早めにご予約下さい。

チラシのPDFです。

御礼

2月22日のプラネタリウムは好評のうちに終えることが出来ました。
ありがとうございました。

今回のプラネタリウムの担当は、、
実はブラック星博士でした。。

akashi-star.jpg

変身前の世を忍ぶ仮の姿を世間に公表すると、、
何をしでかすかわからないそうなので、、
変身後の写真を貼付けています。。

red.jpg

去年の担当のSさんは実はシゴセンジャーのレッドだったのです。。
同じく変身前の姿をブラック星博士に見破られるとマズいそうなので、、
やはり、変身後の写真を貼付けています。。

さて、演奏の方は、、

こんな身に余る評を頂きました。。

『予想はしていましたが、もう素敵すぎて気持ち良すぎでした。。
プラネタリウムを観るのも久しぶりで嬉しかったし、タコタコシンガーズ(女声4男声2) の皆さんのアンサンブル、本当に素晴らしかったです 。
あの響きにくそうな空間で、あれほど心地よいハーモニーをつくれるって凄いです。
憧れます。』by Kさん

Kさんも声楽家で合唱を歌われたり、指導もされています。

ホントに恐れ多いお言葉ですが、、でも、素直に嬉しいです。
Kさん、わざわざ遠方をありがとうございました。。。

でも、実際は、、
僕らは子供の頃からセントポール寺院やトマナコアーで歌って来た訳じゃないので、、
コンスタントに練習を重ね続けていないと、ハーモニーを持続することが出来ません。

アンサンブルは一人で練習出来るものじゃないし、、
今回の演奏もそうでしたが、、まだまだ、課題はふんだんにあります。

でも、声でハモレるのは本当に最高であることに間違いありません。

クラシックピアニストの誰もがモーツァルトやハイドンのソナタを、またバッハの曲を必ず弾き、
弦楽器奏者がバッハの無伴奏を礎としてそこから積み上げて様々な音楽に発展して行く様に、、

アカペラの声楽アンサンブルはルネサンス、中世を素通りすることは出来ません。。

これまで、日本では声楽家よりもトランペット奏者やトロンボーン奏者の方が
こうしたルネサンス、中世のポリフォニーをエチュードに普通に使っていました。

ジャズの"Swingle singers"もこうしたポリフォニーの流れから派生したグループですし、
The King's Singersは言うまでもありません。

来年のプラネタリウムではそうやって磨き上げて行ったハーモニーで、、
是非『軌道星隊シゴセンジャーの歌』を歌い上げたいと思います。。はい

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。